ここ数年のヒシャクの傾向です。

現在主流となっているヒシャクの特徴を端的に表現すると、

「シャフトが長くて、カップが小さい」

具体的に言うと、

「シャフトの長さは75cm前後、カップの容量は15cc前後」

ヒシャクが各社の主流商品となっています。

現在主流となった「遠投の釣り」が広まった結果、

この様なスペックのヒシャクに需要が高まったのでしょう。

.

しかし、15ccのカップで1日に何百回も

コマセを撒き続けることは意外にハードです。

また、クロダイ狙いなどで底にポイントを作りたい時、

エサトリが多い時などにも15ccのカップでは結構つらい物があります。

.

ここでオススメしたいのが20ccのカップ

20ccのカップは、多くもなく、少なくもない、

クロダイにもメジナにもちょうど良いサイズです。

近場や半島周りのクロダイ、メジナに一番最適でしょう。

しかし意外な事ですが、

今まで20ccのカップを採用しているヒシャクはあっても、

(シマノ製のMカップ、ダイワ製の40サイズのカップなど)

カップ単体ではほとんど販売されていませんでした。

因みにチタンカップで人気のあるベルモントの規格は、

◎Sカップ 12.5cc ◎Mカップ 16cc ◎Lカップ 23cc

で、20ccの規格はありません。

しかしながら最近になりようやく、

20ccカップが単体で購入できるようになりました♪

●キザクラ 黒魂チタンカップ Mサイズ

●釣研 チタンカップ MSサイズ

DSC_2132

どちらのカップもパイプ径が6㍉です。

特殊な物を除けば、殆どのヒシャクに取付けできます!

カップでお悩みの方は、是非一度20ccのカップをお試し下さい!

お探しの方は、是非サンスイまでお越しください♪

.

【サンスイ渋谷本店 海釣り館】
〒150-0002 東京都 渋谷区 渋谷 2-22-7 1F
TEL:03-3400-1191 FAX:03-3400-1197
iso@sansui1902.jp

〇営業時間
火~金 11:00 ~ 20:00
土・日・祝 11:00 ~ 19:00
月曜日 定休日
*月曜日が祝日の場合、翌日の火曜日が休業です。

sansui_Logo_umi_blog

1

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加