10/3 月曜日 久比里 山下丸より出船

さて今回は秋の数あるターゲットの中から、ここ数年で人気上昇中のアマダイ釣りに行って来ました。

目的は、新しいオリジナルロッドの実釣も兼ねての釣行です❗️(^-^)/


訪れたのは、京急久里浜より徒歩7分程の夫婦橋で、ご当地のカワハギ御三家と呼ばれる船宿のひとつ山下丸さん。


車で来られる方も多いですが、交通の便も良く電車釣行の方も多い地域としても知られています。


しかし、この日は天気予報も芳しくなく朝から雨の降りそうな空模様…出船が危ぶまれましたが、何とか2人で出船となりました。f^_^;


満潮で低くなった橋の下を2度ほど潜って、一路剣崎へ…


その間に、天秤、仕掛けの準備と確認をします。天秤は夢の天秤40cm、ハリス3号オキアミチヌ3号全長2.3m 変速の3本鈎(段差鈎)の自作仕掛けで様子を見ることに。


40分程でポイントに到着し、開始のブザーが鳴ります!水深65m程で、海はべた凪。


着底後に糸フケを取り、3、4度地面を小突いて棚を1mほど切ってみます。

何度か続けてみますが、当たりがないので餌の確認も含めて巻き上げてみると…餌が見事に無くなっていました!Σ(ꏿꎂꏿ)


少しポーズが長かったかと反省しつつ、オキアミをつけて再投入してみます。すると、プルルと餌取りの当たりが…暫く、放置気味に誘いを繰り返してから上げてみると、可愛いカナガシラが…笑

そして、ここで船長から移動の合図があり小移動。


その次のポイントでは水深75m。気をとり直して探っていると、この釣りではお馴染みのゲストであるトラギスが顔を出します。しかも、良型!笑

トラギスの釣れる棚は、本命のアマダイの棚と同じとされているので、引き続き同じ棚で探っていると…ゴゴン❗️先ほどとは違うシグナルが‼️

ジワッと聞き上げながらアワセを入れてみると、ゴツンゴツンと首を振る様な引き❗️慎重に巻き上げてみるとサイズは小さいながらも本命のアマダイ♪(⑅˃◡˂⑅)


これで、ホッとひと安心ですがまだチャンスはあるハズと、すぐに餌をつけ直し再投入。

今釣れた時と同じ棚を探ってみると…ゴン、ゴン❗️

またもや、同じ様な当たりが…

そぉーっと聞きアワセを入れると、先ほどより強い引き込みが‼️╭( ・ㅂ・)و ̑̑ ˂ᵒ͜͡ᵏᵎ⁾✩

上がって来たのは、28cmほどのきれいなアマダイでした♪


何とかサイズをアップしたものの、まだまだナイスサイズには程遠い…

それでも、良い感じで本命がヒットしているので、すかさず投入❗️

着底から底を3回ほど小突いてスローに棚を取るのを続けていると、50cmほど聞き上げたところで、またもやゴク、ゴッ、ゴッ❗️

時合い到来か❓と思いながら聞き合わせると…ゴゴン❗️と確かな手応えがあったところで、フォースマスター巻き上げスイッチオン♪

今回使用しているこのリールは、軽量コンパクトなのもさることながら、スマートダイヤルなので、レバー式の物と違い手を竿から離さずに片手で巻き上げのスイッチを入れられるので、操作がラ〜クラクです♬(⑅•͈꒶૩•͈)୨୧˖

程なくして75mダチから姿を現したのは、この日3匹目のアマダイ♬型はやや小さいものの、ナント3連発‼️絶好釣〜♪正に時合い到来かと思いきや、そう甘くはありません。


誘えば当たるものの、この釣りではお馴染みのキダイ、トラギス、カナガシラ、カサゴ、アジと五目釣りを達成する勢い…


忙しいのですが、本命からはどんどん遠ざかっている様な❓(*_*)

とは言え、お土産になる魚も多数ゲット出来たので、これはコレでOKかな⁉️笑


そして、船長からの合図で何度かの流し替えがありました。すると、今度は潮が速いのかと思いきや…上潮が速く底潮が余り流れていない。

二枚潮になって、何とも釣り辛い状況に。(。ŏωŏ。)

誘い方や仕掛けを変えるも、何も当たらない時間が刻々と過ぎていきます。

更に、ここから風も吹き始め終いには強風になり、雨も降る始末…⤵️


船長も最後までしっかり操船してくれましたが、サイズアップできぬまま、ポツリまたポツリと、小ぶりな3枚の本命を追加してタイムアップ❗️(>_<)


いろいろと仮題の残る釣行となりましたが、今回の試釣で気がついた点を再度調整して、次の試釣にのぞみたいと思います。

使用タックルデータ

竿  オリジナルLTアマダイ(仮称)

リール  シマノ フォースマスター400

バッテリー  シマノ電力丸10AH

道糸 よつあみ ウルトラダイニーマ1.5号200m


釣果

甘鯛 20cm〜28cm6枚
外道 トラギス14匹、キダイ8匹、カナガシラ5匹、カサゴ1匹、マアジ2匹

0
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加